ほんとうの自分と一体になっていくための善行が、カルマの浄化と真理への道となります。神につながり、祈ること、瞑想をすること、それがカルマを浄める方法になります。 :『ヒマラヤ聖者のいまを生きる知恵』より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

ほんとうの自分と一体になっていくための善行が、カルマの浄化と真理への道となります。(中略)
神につながり、祈ること、瞑想をすること、それがカルマを浄める方法になります。

以上を、ヨグマタ 相川圭子 (著)『ヒマラヤ聖者のいまを生きる知恵 (PHP文庫)』260-261ページより引用させていただきました。

良いことをすれば良い結果を生む。
つまり与えたものを受けとる。

当たり前と言えば当たり前のことです。
そしてそれが自然だと思えます。

しかし時に、良いことをしても良い結果が得られないと思える場合も出てくる。
しかしそれは、この現実という狭い範囲で物事を見ているから。
より大きな観点から見ると与えたものを受けとっているに過ぎない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ