気づきは高度な修行です。それは、自然に起きますが、まずカルマを積極的に浄める必要があります。信頼をもって行います。神様を信じ、布施を行い、よい行為をしていきます。 :『ヒマラヤ聖者のいまを生きる知恵』より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 87

気づきは高度な修行です。それは、自然に起きますが、まずカルマを積極的に浄める必要があります。信頼をもって行います。神様を信じ、布施を行い、よい行為をしていきます。

以上を、ヨグマタ 相川圭子 (著)『ヒマラヤ聖者のいまを生きる知恵 (PHP文庫)』256ページより引用させていただきました。

気づきは修行という考えも良いですね。

それに気づきは自然に起きるからこそ良いんでしょうね。
自然に気づいたからこそ、自分が変わることができる。

バシャールの言葉を借りれば

「本当に理解したら、行動するのは簡単」というのが正しい理解です。 by バシャール

ということでしょう。

気づいたつもりではなかなか行動には結びつかない。

次、カルマについてバシャールは以下のように言っています。

もうネガティブなことをしたくないと気づくこと、ポジティブなことだけをすること、それに気づくだけでカルマの鎖を切ることができます。 by バシャール

一回の生の中でネガティブなものが結果として何を生み出しているのかということに気づき、その時点から気づいてポジティブなエネルギーの方を選べば、ただひとつの決断をしただけですべての過去のカルマを消すことができます。 : バシャールの学校

過去はどうあれこれからは、よい行いをしていくだけでバシャール的にはカルマの鎖が切れるようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ