カルマに気づくことが大切です。気づきがないと、再びカルマと一体となって行為をし、その印象が刻まれてしまいます。気づいているということは、そこから離れて見ています。それに翻弄されなくなります。 :『ヒマラヤ聖者のいまを生きる知恵』より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

つねに、カルマに気づくことが大切です。気づきがないと、再びカルマと一体となって行為をして、またその印象が刻まれてしまいます。気づいているということは、そこから離れて見ています。そのため、それに翻弄されなくなるのです。

以上を、ヨグマタ 相川圭子 (著)『ヒマラヤ聖者のいまを生きる知恵 (PHP文庫)』255ページより引用させていただきました。

今回は気づきがテーマです。

以下、気づきに関するバシャールの言葉を探してみます。

癖というのは、自分でこういう癖があると認識してしまったら、もう癖ではないのです。自分で知らないでやっているから癖なのです。 by バシャール

ですから、このモットーを覚えておいてください。 「気づき=中立化、無力化されること」  つまり、気づけば、それは中立になって、無力化される、ということです。 by バシャール

あとこれはバシャールの言葉ではないですが

自分の心の状態を「観察する人」になってください。とりたてて何も「する」必要はありません。「気づく」だけで十分です。気づきによって、変容と自由がやって来るのですから。 : 世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え

以上まとめると、気づきによって変容と自由がやって来る、となるのではないでしょうか。

自分が変わるのに取り立てて何かをする必要もない。
いや本当は何もしなくても自分は変われるのだ。

ただ気づくだけで良い。
ただ自分を観察しているだけで良い。

とそんな感じではないでしょうか。

何もしなくても良い、ただ気づくだけで自分は変われる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ