神とは存在です。神はどこにでもある、普遍的な存在です。神には過去がなく、未来がなく、いまにあります。すべての形のあるもの、目覚めているもの、目覚めていないもの、すべてが神です。 :『ヒマラヤ聖者のいまを生きる知恵』より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

神とは存在です。神はどこにでもある、普遍的な存在です。神には過去がなく、未来がなく、いまにあります。すべての形のあるもの、目覚めているもの、目覚めていないもの、すべてが神です。

以上を、ヨグマタ 相川圭子 (著)『ヒマラヤ聖者のいまを生きる知恵 (PHP文庫)』249ページより引用させていただきました。

以下バシャールの似たような言葉を探して並べてみます。

神というのは、すべてそこにあるもののことです。すべては神で創られています。ひとつのものは、ひとつでもあるが、同時にすべてのものでもあります。 by バシャール

神というのは創造の過程に支配されていません。存在というのは単に存在することなのです。それが神の性質です。それ以外にどんな神のあり方もありません。by バシャール

みなさんが体験している時間、過去・現在・未来というものは、この「今」を異なった観点から体験しているにすぎません。ですから、体験を変えるということは、「今」をどのように体験するか、その見方を変えるということです。 : バシャールの学校

バシャールの言うことを以上からまとめてみると

神はすべてであり、すべては神で創られている。
すべてはひとつであり、ひとつはすべてである。
存在はただ存在するのみ。存在に時間的な後も先もない。
すべては今である。

……のような感じになると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ