苦しみはどうして生まれたのでしょうか。実は神といわれる存在は、だれにも罰を下しません。自分の心が自分を苦しめているだけなのです。 :『ヒマラヤ聖者のいまを生きる知恵』より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

苦しみはどうして生まれたのでしょうか。実は神といわれる存在は、だれにも罰を下しません。自分の心が自分を苦しめているだけなのです。

以上を、ヨグマタ 相川圭子 (著)『ヒマラヤ聖者のいまを生きる知恵 (PHP文庫)』152ページより引用させていただきました。

バシャールも同じことを言っていますね。

あとはそれに自分が気がつくかどうかです。

自分がそれに心底気がつくかどうかです。

気がつけばそれは力を失います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ