人のなかには大自然があり、大自然をつくっている存在と同じく、人を生かす大きな愛とパワーがある。さらに、大自然というのはつねに”与え”ている存在である。 :ヒマラヤ聖者のいまを生きる知恵

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

人のなかには大自然があり、大自然をつくっている存在と同じく、人を生かす大きな愛とパワーがあります。自然がつくりだした動物、植物、人間は、源の創造の力の恵みを受けとって創造され、生きているのです。
大自然はつねに”与え”ている存在です。

以上を、ヨグマタ 相川圭子 (著)『ヒマラヤ聖者のいまを生きる知恵 (PHP文庫)』73ページより引用させていただきました。

ここに答えが出ていますね。

人が真の意味で幸福となるための答えです。

答えはシンプルです。

つねにただ与えること。

別の言葉で言えば無条件の愛です。

見返りを求めず何も期待せず、ただ与えること。

自分が幸せになりたいから他人に与えよう!では与えたことにはなりません。

感謝をすると良いことがあるから感謝をしよう!では本当の感謝にはなりません。

宇宙の法則は「与えるものを受け取る」だから、受け取りたいものがあるから与えよう!では、本当の意味での与えるにはなっていません。

大自然はただ与えるのみです。

人間も、まさに文字通り自然にただ与えることが出来たらいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ