自分の内側深くにある本質の存在に戻ると、そこにはすべてを生み出す力があり、愛があり、知恵がある:『ヒマラヤ聖者のいまを生きる知恵』より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

ほんとうの豊かさとは何でしょうか。自分の内側深くにある本質の存在に戻ることです。それは本来の自己であり、決して変わらない無限の存在です。そこにはすべてを生み出す力があり、愛があり、知恵があるのです。

以上を、ヨグマタ 相川圭子 (著)『ヒマラヤ聖者のいまを生きる知恵 (PHP文庫)』26ページより引用させていただきました。

総合的に見ればバシャールもこの引用した文章と同じことを言っています。

スピリチュアルな本でも表現こそ違いますが、同じことを言っています。

違うのはその方法論です。

どうやったら本当の自分に戻ることができるのか、どうやったら自分のハイヤーセルフとつながることができるのか、どうやったら宇宙につながることができるのか。

バシャールの言うことはシンプルです。

毎瞬毎瞬一番ワクワクすることを自分の最大限の力で実行してください。そして結果には執着しないでくださいと。

一方この本の著者は一貫して、その方法はちゃんとした指導者の下で行う瞑想であると言っています。

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする