自分の体さえ外側のもの。外側にあるものは、たえず変化する、はかないもの :『ヒマラヤ聖者のいまを生きる知恵』より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

自分の体さえも外側のものです。外側にあるものは、たえず変化する、はかないものであるという真理に、目覚めなければなりません。

以上を、ヨグマタ 相川圭子 (著)『ヒマラヤ聖者のいまを生きる知恵 (PHP文庫)』24ページより引用させていただきました。

バシャールもこんな風に言っています。

存在の中で、変化だけが一定のものです。変化を許してあげるとき、あなたは一番安定していられます。「動き」が、進化です。進化が安定です。by バシャール

変化こそが安定、だそうです。

すべては変化するというのはよくよく考えると当たり前のことです。

自分の肉体も心もいずれ変化するはかないもの。

つまり何をしても虚しいのも当たり前だし、何をしても満たされないのも当たり前です。

だって心は変化しておりいずれはそれに飽きてしまうからです。

何をしても虚しいなあとか、何もしても心が満たされないと悩む必要はないのです。

だってそれは当たり前のことだから。

誰でもそうだからです。

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする