龍とコンタクトをとる3つの方法とは :『「龍使い」になれる本』を読書する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 78

以下を、大杉日香理 著『「龍使い」になれる本』66-70ページを参考にまとめさせていただきました。

日常生活で龍のいる場所を意識するようになると、龍の方でもそれを察知してあなたを意識するようになる。

そしてこの人を後押ししようと考えるようになる。

人間が龍にコンタクトをとろうとすると、龍の方でも後押ししやすくなる。
龍とコンタクトをとるのに役立つポイント:

その1が、龍に関心を持つこと。
日常の中で龍を意識すること、龍に関心を向けること。

その2は明るさや陽気さ気楽さ。
龍は頼ってほしがっているので、ピンチの時や叶えたい願いがあるとき、どんどんすがって良い。その代わりに、感謝の心と明るさや陽気さ気楽さのエネルギーを返してあげる。

実は龍や神様たちは人間の明るさや陽気さをエネルギーにしている。

その3は龍のいるところに行く。
龍に会いたいと願い、実際に出かけていくことに意味がある。
この時大事なのが通常の日常生活を犠牲にしないということ。

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする