「自分がなにでないか」を教えてくれる古いものに感謝してください。それによって「自分がなにであるか」に近づきます。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

「自分がなにでないか」を教えてくれる古いものに感謝してください。
それによって「自分がなにであるか」に近づきます。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック3―ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ (VOICE新書)』37ページより引用させていただきました。

世の中には変えられるものと変えられないものがあります。

自分が変えることができるものは自分で変えればいい。

しかし自分で変えることのできないものは受け入れるしかありません。

自分が生まれた環境、病気、老いなどなど……

そしてただ受け入れるのではなく、もし感謝をもってそれらを受け入れることができたなら、つまり良い意味を与えたなら良い結果を得ることになります。

それを学びとして感謝して受け入れるなら良い結果を得るということです。

バシャールの言葉を借りれば、それに良い意味を与えれば良い結果を得るということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ