バシャールの存在を信じる必要はありません。大切なのは彼がもたらしてくれる情報が自分に使えるかどうかです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 81

バシャールは、自分が何者であるかということについて語ります。
私自身はそれを信じていますが、ここに来ているみなさんは、それを信じる必要はまったくありません。
なぜなら、私には証明ができないからです。
ここで大切なのは、彼が誰であるかではなくて、彼がもたらしてくれる情報が自分に使えるか使えないかです。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック3―ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ (VOICE新書)』9-10ページより引用させていただきました。

実に論理的です。

バシャールの存在をチャネルであるダリルさんは証明できない。

ゆえに、バシャールの存在をあなたは信じる必要はない。

バシャールからの情報があなたの役に立つなら使ってください。

それが一番大切なことです。

地球では、何を言ったかではなく誰が言ったかが一番重要視されます。

その誰かの存在を信じる必要がないというのは、地球人的には非論理的です。

誰が言ったかではなく何を言ったかが重要なのだとバシャールのチャネルであるダリルさんは言っているのです。

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする