何か怖れているということは、何か現実に起きるであろうということを信じているのです。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 78

何か怖れているということは、何か現実に起きるであろうということを信じているのです。

バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書)』229ページより

そして、信じるものを見ることになる。

地球ではこういう格言があります。「見ることは信じること」。しかし実は「信じることは見ること」であり、逆なのです。by バシャール

自分の中にある一番強い観念、現実に対する定義づけ、信じていることがそのまま現実化する。

ということで

自分が何を信じているのか、現実に対してどういう定義づけをしているのか

を知るのは大切なことですね。

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする