バシャールの予言 – これから技術的に進歩するであろう大量のエネルギーを生み出す方法 : バシャール スドウゲンキ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 79

以下、須藤 元気/ダリル アンカ (著), 須藤 元気/尾辻 かおる (編集), 大空 夢湧子 (翻訳) 『バシャール スドウゲンキ』P.120-122を参考にさせていただきました。

ゼロ・ポイント・エネルギー以外で大量のエネルギーをつくりだす3つの方法。

太陽エネルギー(ソーラーエネルギー)技術の進化。

太陽の光だけではなく、熱も利用してエネルギーを生み出す「ソーラーステーション」と太陽光発電を効率的に行なう「ソーラーパネル」のアイデア。

近い将来「ソーラーファーム」と呼ばれる太陽光発電の発電所のような場所がたくさんでき、大量の電力が供給されるだろう。

NASAによって実験されている、人工衛星をある特定の方法で使うことによってエネルギーを生成するアイデア。

地球のまわりの軌道を運行する人工衛星に何マイルにも及ぶ長い延長ワイヤーのようなものをつけて、それによって発電する。
このワイヤー、配線が地球のまわりの軌道を回って、磁場の中で導管の役割をしたとき、マイクロ波のような電気が発生する。

ある周波数の電磁場をつくり、さらにまた別の周波数の電磁場をつくり、そのエネルギー同士をある角度で交差させ、そこに新しい無限の第3のエネルギーが生まれるという方法。
エネルギー生成だけではなく、体が浮き上がるなどの、さまざまな現象もひき起こす。

DES01014