もしあなたが、自分は完全な人間であるということを知って、そして喜びを抱きつつ自分自身との関係をもつことができれば、あなたの喜びを反映させるような人をあなたの人生の中にひきつけることができるわけです。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 89

もしあなたが、自分は完全な人間であるということを知って、そして喜びを抱きつつ自分自身との関係をもつことができれば、また「創造」や「宇宙」と理想的な関係を保ち、非常に統合の取れた、肯定的なやり方で人生に関わることができるならば、その時初めてあなたは自分のバイブレーションを開いて、あなたの喜びを反映させるような人をあなたの人生の中にひきつけることができるわけです。

以上、ダリル アンカ (著), 関野 直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック〈2〉人生の目的は「ワクワク」することにある。 VOICE新書』P.19より引用させていただきました。

自分に不完全さを感じ、もしこの自分の不完全さを補ってくれる異性が目の前に現われたら、そしてその人と結ばれたなら自分は完璧になり、そして幸せになれるのに……

これが、今の地球の一般的な考えですが、バシャールによると、自分を不完全だと思うとそういう思いを抱かせる人を逆に引き寄せてしまうそうです。

不完全の波動は、同じ不完全の波動を引き寄せる……そういうことなのかもしれません。
ただ単にそういう物理的で力学的なことなのかもしれません。

それにも増してまず第一に、自分はそのままで完全なようです。ただ、それに気がついていないようです。
自分の完全さに気がつけば、自分が完全であると知れば、完全の波動を生み出し、同じ完全を引き寄せる…… 自分が完全であると証明するような人を引き寄せる。

わたしはひとりぼっちで不幸だという思い、理想の人と結ばれたらきっと幸せになれるのに……そういう思いは、現在は不幸だという思いなので、不幸を引き寄せる、あるいは不幸なままである。

鏡に映った自分の悲しい顔を、笑顔に変えるには、まずは自分が笑うことなのだが、鏡に映った悲しい顔の自分が本当の自分だと思っているので、鏡の中の自分が笑顔になるのをただただこちら側の自分は待っている、こちら側の自分が笑顔になれば、鏡の中の悲しい顔の自分も笑顔になるのに。

それと同じように、まずは先にこちら側が完璧にならないと、鏡に映った不完全さは完全へと変化しない。

ん?そもそも、運命の人と結ばれないと自分は完全になれないと思うのは幻想と言うことか?だって人間は一人でもすでに完全なんですから。

……と、今日はちょっと文章が不完全です。(^-^;
いまは、わからないことを、わからないままにしておきます。

JPN03029