何に目覚めるかというと、あなた方自分達の可能性に目覚めるということです。そして自分の現実を創り出す創造主としての機能に目覚めます。あなたの人生の中にある、いくつもの違った自分とコミュニケーションをとるということです。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 89

何に目覚めるかというと、あなた方自分達の可能性に目覚めるということです。
そして自分の現実を創り出す創造主としての機能に目覚めます。
また自分の中にはこのように多くの自己がいるんだということ。そしてもっとこのエネルギーの線に沿って多くのコミュニケーションが進み得るということ。
そしてあなたの人生の中にある、いくつもの違った自分とコミュニケーションをとるということです。このようなことにどんどん目覚めてください。

以上、ダリル アンカ (著), 関野 直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック〈2〉人生の目的は「ワクワク」することにある。 VOICE新書』P.8-9より引用させていただきました。

バシャールによると、現在は変革の時代であり、ひとつのサイクルが終わりを迎え新しいサイクルが始まろうとしているそうです。

新しいサイクルの時代は、統合と目覚めの時代です。
自分の可能性に目覚める時代。
自分は自分の現実の創造主であると目覚める時代です。

自分と同じオーバーソウルに属する人たちと、エネルギーや情報を分かち合い、つながり合い、結び付き合い、ひとつのエネルギーとして丸くなっていく。

その中では、自分と全体との関係を学んだり、ホログラフィのように全体の中のすべての部分は全体を反映し、また含むこともできるという全体の鏡としての機能もわかってくる。

オーバーソウルである自分の分身が、同時進行している現世、過去世、未来世の中で暮らしていて、お互いに結びつき緊密に影響し合っていると言うのは、ある見方をすれば、人は決して孤独には成り得ないようにできている、と言えるかもしれません。

JPN03013