ひとの中にはすべてがあるんだよ。愛の神から、悪魔まで住みついている。でも、それは一人ひとりの問題であって、自分の水準に合わせて、自分の中にあるそれらを、自分の人生で表現していくんだよ。 :『アミ 3度めの約束』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ひとの中にはすべてがあるんだよ。ビンカ。すべてがね!愛の神から、いま見たような”悪魔”まで住みついている。でも、それは一人ひとりの問題であって、自分の水準に合わせて、自分の中にあるおそろしいものなり、美しいものなりを、自分の人生で表現していくんだよ

以上を、エンリケ・バリオス (著), さくら ももこ (イラスト), 石原 彰二 (翻訳)『アミ 3度めの約束―愛はすべてをこえて (徳間文庫)』82-83ページより引用させていただきました。

結局のところ

すべては自分の中に存在している。

神から悪魔まで。

バシャールの言うように、自分の中にそれがあるから現実という幻想の中にもそれを見ることができる。あるいは見えてしまう。

バシャールにはこんな言葉もあります。

地獄も天国も心の状態にすぎません。悪魔はあなた方の否定的な集合意識の表現です。地獄はすべての否定的な制限された意識が創り上げるものです。あなた方は天使なのです。天国を創ってください。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ