愛とは神からの恵みなのだから、それをいつも尊重し、たいせつにしなければならない :『アミ 3度めの約束―愛はすべてをこえて』をバシャール的に読む #愛

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 77

愛とは神からの恵みなのだから、それをいつも尊重し、たいせつにしなければならないということを、ざんねんながら人々は忘れがちなんだよ

以上を、エンリケ・バリオス (著), さくら ももこ (イラスト), 石原 彰二 (翻訳)『アミ 3度めの約束―愛はすべてをこえて (徳間文庫)』67ページより引用させていただきました。

愛とはイコール限りなく生命に近いんでしょうね。

愛とは生きること。

愛とは命。

ある見方をすればそうなると思います。

だからこそ、神からの恵みである命を大切にする。

命を尊重する。

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする