愛が神だから、愛を感じるたびに神を体験している:『アミ 3度めの約束―愛はすべてをこえて』をバシャール的に読む #神を体験する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 78

愛が神だから、愛を感じるたびに神を体験しているんだ。

以上を、エンリケ・バリオス (著), さくら ももこ (イラスト), 石原 彰二 (翻訳)『アミ 3度めの約束―愛はすべてをこえて (徳間文庫)』16ページより引用させていただきました。

ああそうか!って感じです。

わたしは神を体験したいと思った。

でもそれって難しいことだと思った。

誰かに習わなければとかもっと勉強しなければとか、いろいろ考えたけど

簡単にそしてシンプルに言って

愛は神なんだから、愛を感じることで神を体験できるんだと気づいた。

バシャールもすべては神だと言っている。

神を体験することは何も特別なことではなかった。

ただ愛を感じれば良いだけだった。

青い鳥はすぐそこにいたんだ。

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする