海岸の高くてかたい岩のてっぺんに、だれだかふしぎなひとが翼のはえたハートのマークをきざみこんだ。でも、それを見つけることができるのは、ただ、汚れなくむじゃきに遊んでいるひとだけだという。:『もどってきたアミ―小さな宇宙人』 #汚れなき心

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

それほど遠くない海岸に、高くてかたい岩がある。その岩のてっぺんに、だれだかふしぎなひとが翼のはえたハートのマークをきざみこんだ。でも、それを見つけることができるのは、ただ、汚れなくむじゃきに遊んでいるひとだけだという。

以上を、エンリケ・バリオス (著), さくら ももこ (イラスト), 石原 彰二 (翻訳)『もどってきたアミ―小さな宇宙人 (徳間文庫)』323ページより引用させていただきました。

この本のおわりになってやっと気がつきました。

アミ・小さな宇宙人の真偽なんてどうもいいことだったんだと……

一番大切なのは愛。

それだけが真実。

バシャール的に言えば愛だけが本当のリアル。

だからアミはどこにでも現れるし、ハートのマークが刻み込まれた岩もどこにでも見ることができる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ