ひとつひとつの活動に≪完全なる力≫を込めるなら、どんなありきたりの活動でも、それ自体がよい結果を生みます。そして、なにかがうまくいくと、必ず別のこともうまくいくようになるものです。:富を手にする「ただひとつ」の法則

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 78

ひとつひとつの活動に≪完全なる力≫を込めるなら、どんなありきたりの活動でも、それ自体がよい結果を生むのです。
(中略)
なにかがうまくいくと、必ず別のこともうまくいくようになるものです。

以上を、ウォレス D・ワトルズ (著), 本田健 解説 (著), 宇治田郁江 (翻訳)『富を手にする「ただひとつ」の法則 (Forest2545新書)』123ページより引用させていただきました。(単行本を参考にしているので新書版とはページが違います)

以下書いてあることをまとめてみます。

≪完全なる力≫の協力が得られるのですから、活動するたびにあなたは成功します。

≪力≫はあなたを助け、活動の効率を上げます。
あなたは、活動にその≪力≫を注ぐだけでいいのです。

行動することが活力に満ちたものであれば、それは≪確実な方法≫に従っているからであり、かならず豊かになれます。

イメージを持ち続け、「決意」と「確信」を込めることで、活力に満ちた効率のよい活動ができます。

成功する行動とは、累積して結果をもたらすものです。

繁栄を望む気持ちは万物に備わったものなので、ある人が活力ある人生に向かって動き始めると、より一層多くのものがその人に向かって流れてきます。

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする