人生に苦悩という代償をもたらす私たちのあやまちとは何か:『もどってきたアミ―小さな宇宙人』をバシャール的に読む #苦悩という代償

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

「そう、内的存在を忘れているんだ」
(中略)
「そう。それが、われわれがあやまちを犯す原因なんだ。そしてそのあやまちの代償を苦悩として支払うことになるんだよ」

以上を、エンリケ・バリオス (著), さくら ももこ (イラスト), 石原 彰二 (翻訳)『もどってきたアミ―小さな宇宙人 (徳間文庫)』295ページより引用させていただきました。

本当の自分である内的存在を忘れているがゆえに苦悩が生まれる。

内的存在を忘れていることが、人生であやまちを犯してしまう原因。

あやまちの代償が苦悩。

内的存在とは神性のこと。

本当の自分である内的存在(神性)から離れず行動すれば、あやまちを犯すことはなく、苦悩という代償を支払うこともない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ