【最重要】科学者と夢想家を区別するのは、確信と決意をもって想像するかどうかにかかっています。 : 『富を手にする「ただひとつ」の法則』を読む #確信と決意

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 78

科学者と夢想家を区別するのは、確信と決意をもって想像するかどうかにかかっています。

以上を、ウォレス D・ワトルズ (著), 本田健 解説 (著), 宇治田郁江 (翻訳)『富を手にする「ただひとつ」の法則 (Forest2545新書)』82ページより引用させていただきました。(単行本を参考にしているので新書版とはページが違います)

この本の初版発行年は1910年です。

近年「引き寄せの法則」というのが流行りましたが、流行るのと同時に、「引き寄せの法則」が効かないという声も大きくなりました。

そしてこの「引き寄せの法則」が何故うまくいかないのか?という本も多数出版されました。

その答えはおそらくこの引用した部分でしょう。

もうすでに1910年の時点で答えは出ていたことになります。

物理的にああすればこうなるというのが科学者ですが、ただ妄想するのは夢想家です。

ただの想像なのか、それとも、確信と決意をともなった想像なのか

それが「引き寄せの法則」が働くかどうかの境界線のように思います。

確信とはそう信じることです。信じることは見ることです。
決意とはそう自分で決めることです。決めることで始まります。

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする