まずは皆さんが信じているのはビリーフであって、事実とは違うということ、そして、ビリーフは変えることができるということです。 by バシャール:『あ、バシャールだ! 地球をあそぶ。地球であそぶ。』を読書する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 78

まずは皆さんが信じているのはビリーフであって、事実とは違うということ、そして、ビリーフは変えることができるということです。

以上を、ダリル・アンカ (著), HAPPY (著), LICA (著), FUMITO (著), YACO (著), & 1 その他『あ、バシャールだ! 地球をあそぶ。地球であそぶ。』61ページより引用させていただきました。

さて困りました。

私たちはそれが本当であると思うからそれを信じるのであって、事実と違うとハッキリ思い知らされるまでは、それを信じるだろうということです。

ビリーフは信念のことですから、確かに、信念が必ずしも事実と一致するとは限りません。

「誰が見ても明らかな事実」というのは、それを信じる必要もないのかも知れません。

この場合は人は見るものを信じるとなりますね。

しかし「誰が見ても明らかな事実」ではない場合、信じるものを見ることになるのかも知れません。

さらにビリーフは事実とは違うからこそ変えることができるということですね。
ビリーフが事実であるのなら変えることは出来ません。

ということで微妙です。

幸せな事実なら事実は事実であっても良いですが、不幸になる事実はどうなんでしょう?
その場合は信じたいものを信じたほうが幸せになれる気がします。

幸せになるためには信じるものを見た方が良いように思います。

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする