バシャールの研究:個人が全体に対して奉仕すると、全体が個人を奉仕することになります。 その状態を体験するためには、個人と全体が完全に調和のとれた関係になければなりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

個人が全体に対して奉仕すると、全体が個人を奉仕することになります。
(略)その状態を体験するためには、個人と全体が完全に調和のとれた関係になければなりません。

以上、本田 健 (著), ダリル・アンカ (著), 江藤ちふみ (編集), 島田真喜子 (翻訳) 『未来は、えらべる! バシャール 本田健』P.160より引用させていただきました。

個人が全体から奉仕されることを目的として、全体に対して奉仕するというのは、きっとそれは個人と全体が調和がとれているとは言えないんでしょうね。

個人と全体が完全に調和がとれているからこそ、個人が全体に奉仕すると、全体からも奉仕されるんでしょうね。

言葉を変えると、これが統一性(他人も自分も傷つけず)ということなんでしょう。

MIL62029//1

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする