宇宙はひとつの大きな≪いのちをもった存在≫であり、つねに生きいきとした生命活動と、より充実した機能をはたらかせようとしているのです。 : 『富を手にする「ただひとつ」の法則』をバシャール的に読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

宇宙はひとつの大きな≪いのちをもった存在≫であり、つねに生きいきとした生命活動と、より充実した機能をはたらかせようとしているのです。

以上を、ウォレス D・ワトルズ (著), 本田健 解説 (著), 宇治田郁江 (翻訳)『富を手にする「ただひとつ」の法則 (Forest2545新書)』30ページより引用させていただきました。(単行本を参考にしているので新書版とはページが違います)

ごくごくシンプルに考えると人は生きるために生きている、人は命をつなぐために生きている、そういえるのかもしれません。

それ以外のものはおまけのようなものです。
あるいはゲームのようなものです。

生きてそして命をつなぐ、それだけで充分だし他に何も要らないのかも知れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ