ネガティブな感情は、統合すること、変容することによって癒すことができます。そして、ネガティブな感情は「真実ではないことを真実だと思い込んでしまうことの副作用なのだ」とわかれば癒せます。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 78

ネガティブな感情は、統合すること、変容することによって癒すことができます。
そして、ネガティブな感情は「真実ではないことを真実だと思い込んでしまうことの副作用なのだ」とわかれば癒せます。

以上、本田 健 (著), ダリル・アンカ (著), 江藤ちふみ (編集), 島田真喜子 (翻訳) 『未来は、えらべる! バシャール 本田健』P.153より引用させていただきました。

わたしは自分にこの強いネガティブな感情がなければ決してバシャールに出会うことはなかったでしょう。この強いネガティブな感情を克服したくてバシャールから学び、そして教えを実践しようとしています。

ネガティブな感情についてバシャールから教わったことのひとつが、否定的なものを否定するときに困難が生まれるということです。すべては中立なので本来ネガティブな事象も存在しません。あるのはネガティブな”見方”、だけです。

ふたつめは、癖は気づいたとき癖ではなくなるということです。
きっと気づきこそがネガティブな感情を変容させるのだと思います。
わたしのこの強いネガティブさは、真実に気づくその量に応じて減っていくのでしょう。

MIL03039//1