”ぼく”と自分のことを言うとき、自分のからだのどの部分を指して言っている?:『アミ 小さな宇宙人』をバシャール的に読む #本当の自分

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 79

”ぼく”と自分のことを言うとき、自分のからだのどの部分を指して言っている?

以上を、エンリケ・バリオス (著), さくら ももこ (イラスト), 石原 彰二 (翻訳)『アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)』224ページより引用させていただきました。

頭ではなく胸を指すでしょ?とアミは言います。

そしてそこに本当のあなたがいると。

あなたは愛で、そのハートの中に住まいがあると。

確かにそうなんですよね。

自分を指さす時は頭ではなく胸を指す。

これは社会的習慣なのか?

それとも集合的な無意識においてさえ

本当の自分は頭ではなくハートにあると感じていたのか?

アミは、頭は潜水艦の潜望鏡とその中にあるコンピューター
バシャールは、脳はアンテナのようなものと表現しています。

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする