自分の思いを話すというのは、心のなかにある本音を自分に問いかけて、自分に対して誠実でいるということです。これは、自分が自分らしくあるための基本。 – やん神を読書2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

自分の思いを話すというのは、心のなかにある本音を自分に問いかけて、自分に対して誠実でいるということです。これは、自分が自分らしくあるための基本。

以上を、金城幸政さん著 『あなたのなかのやんちゃな神さまとつきあう法』の249ページから引用させていただきました。

このこととバシャール情報を組み合わせると良いのかも知れません。

引用した文章に、いつもバシャールの言っている「統一性を持って」を付け加えるのです。

いくら自分の思いを話すといっても、相手や自分を傷つけてしまうようなことはNGでしょう。

なので、統一性を持って、自分も相手も傷つけないように思いを話すというのが、良いように思います。

あるいは「思い」という言葉には、現実に対する思考のリアクションは含まれていないのかも知れません。

相手を傷つけたり自分を傷つけたりする言葉は、「思い」とは言わないのかも知れません。

つまりハートからは来ていないということかもしれません。

mil02026

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする