バシャールの研究:バシャールの言う神とは何か

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

神というのは、すべてそこにあるもののことです。すべては神で創られています。
ひとつのものは、ひとつでもあるが、同時にすべてのものでもあります。

(中略)

すべてが神です。すべてが光で出来ています。神が宇宙を創ったというよりは、もっと正確にいうと、神が宇宙だということです。

以上、ダリル・アンカ (著), 関野 直行 (翻訳)『バシャールペーパーバック〈1〉ワクワクが人生の道標となる。 VOICE新書』P.74-75より引用させていただきました。

日本人は無宗教で神を信じていないと言われますが、わたしは神を信じています。
でも、いわゆる宗教的な神ではありません。

もし目の前に、完成したプラモデルがあるなら、当然そのプラモデルを作った人がどこかにいると考えるでしょう。そのプラモデルが偶然組み立てあがったとは、ふつう、考えないでしょう。

こんなに精緻で叡知に満ちた宇宙と自然と地球、そして生き物たち……
これらが存在するなら、それらを創った何者かが存在するだろうと推測するのは、それほど奇想天外なことでもないでしょう。

だから、私にとって、神が存在するのはごく当たり前のことです。

あとは、神がどのように存在しているか、です。

tah03029

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

コメント

  1. 匿名 より:

    存在そのものが神だということだと思いますよ。

コメントの入力は終了しました。