理由なくハッピーな気持ちを抱くことができる、ということがわかればいいのです。ハッピーになるのに理由はいりません。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 77

理由なくハッピーな気持ちを抱くことができる、ということがわかればいいのです。ハッピーになるのに理由はいりません。

以上、さとうみつろう (著), ダリル・アンカ (著)『その名は、バシャール』47ページより引用させていただきました。

これはつまるところ「与えるものを受けとる」ということに還元されていくのでしょうね。

「幸せになりたい」と願うのは、「幸せじゃない」と信じているから。

つまり幸せじゃない自分であることを信じている。

不幸である自分を信じているから。

そして信じている不幸である自分が実現される。

だからこの原理からすると、「私はもうすでに幸せである」と信じると幸せな現実が実現する。

しかし……「幸せでもないのに私は幸せだとは言えない。自分に嘘はつけない。」と思考は考える。

そして思考に従えば、不幸せである自分を信じていくことになる。

そして不幸せな現実を実現し続ける。

だからこそ、

先にハッピーになっちゃえばいい。

そうすればハッピーな現実を受けとることになるから。

先にこちらが笑うから、鏡の中の自分も笑うのだから。

シンプルにただワクワクすることだけをやっていけば良い。

MIL02074

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    ∞有難うございます!今日も良き一日を!

  2. 管理人 より:

    こちらこそ、ありがとうございます。

  3. Skin より:

    こちらこそ、ありがとうございます。.