バシャール的本質論「ワクワクしてるとワクワクを行動に起こすの違い」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 89

バシャールの言葉を注意深く分析してみると「ワクワク」と言う言葉と「行動」と言う言葉が常にセットになっていることに気づきます。

おそらく、「ワクワク」とした気持ちを「行動」に起こして初めて人生は輝きを放ち、多くの人を巻き込みそしてみんなのサポートを得られるんだと思います。

自分の今までを見ても、ただワクワクとしているだけでは何も変わりませんでした。

ワクワク”してる”は、実はワクワクを行動に起こしているのではないんですね。
「ワクワクしてる」と「ワクワクを行動に起こす」には雲泥の差があるように思います。

それにただワクワクしてる状態は、ニセのワクワクになりやすいです。
無理してワクワクしやすいです。

その点「ワクワクを行動に起こす」場合は、ニセなのか、無理しているのか、すぐにその結果が分かります。

嫌なことは続かないからです。
本当に好きなことしか続かないからです。

ということで

ワクワクしたらぜひ行動に起こしてみてください。
そうすればきっと何かが変わりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ