バシャール 2006 (7) – 猫が猫であろうとすることによって、つまり、あるがままの自分でいようとすることによって、塀から落ちるリスクが低くなるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 81

猫が猫であろうとすることによって、つまり、あるがままの自分でいようとすることによって、塀から落ちるリスクが低くなるのです。

以上、ダリル・アンカ (著), 大空 夢湧子 (翻訳) 『BASHAR(バシャール) 2006 バシャールが語る魂のブループリント』P.47より引用させていただきました。

あなたが生まれたままの本来の自分自身でいると、「大いなるすべて」と自然に調和することができるのです。
そして、その波動でいるとき、もっともリスクが小さいのです。

以上、ダリル・アンカ (著), 大空 夢湧子 (翻訳) 『BASHAR(バシャール) 2006 バシャールが語る魂のブループリント』P.48より引用させていただきました。

情熱に従って生きるスキルを上達させるプロセスとは、自分自身の中にあるフィルター、つまり、パーソナリティを整えて、あなた本来の波動と調和がとれた状態にすることを学ぶプロセスなのです。

以上、ダリル・アンカ (著), 大空 夢湧子 (翻訳) 『BASHAR(バシャール) 2006 バシャールが語る魂のブループリント』P.50より引用させていただきました。

bashar20150520