バシャール学校(11) – 命とは、存在の波動であり、無条件の愛とサポートの波動です。そして、「大いなるすべて」の光のエネルギーです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

命とは、存在の波動であり、無条件の愛とサポートの波動です。そして、「大いなるすべて」の光のエネルギーです。
命とは、「大いなるすべて」がさまざまな形で自分自身を経験している、ということです。

以上、須藤 元気/ダリル アンカ (著), 須藤 元気/尾辻 かおる (編集), 大空 夢湧子 (翻訳) 『バシャール スドウゲンキ』P.171より引用させていただきました。

死という概念は、簡単に言うと、「意識の集中している焦点が変わる」ということです。
(中略)
人が死ぬというのは、その人の意識が肉体を超えてさらに拡大した、ということなのです。

以上、須藤 元気/ダリル アンカ (著), 須藤 元気/尾辻 かおる (編集), 大空 夢湧子 (翻訳) 『バシャール スドウゲンキ』P.172より引用させていただきました。

覚えておいてください。物理的な現実はみなさんの創造物です。
みなさんが死ぬとき、魂が肉体を離れていくように思えるかもしれませんが、魂が肉体の中にあるわけではありません。肉体が魂の中にあるのです。

以上、須藤 元気/ダリル アンカ (著), 須藤 元気/尾辻 かおる (編集), 大空 夢湧子 (翻訳) 『バシャール スドウゲンキ』P.173より引用させていただきました。

bashar20150418a