バシャール学校(9) – 闇を知らなければ光を理解できず、闇がなければ光も意味なさず、両方を経験することによって、全体が見えてくる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

みなさんは、忘れてしまうことによって、別の道を通って成長することができます。それによってスピリットとして成長することができるのです。
逆説的で、遠回りしているように思えるかもしれませんが、その「忘れて、思い出す」という作業によって、実はスピリチュアルな成長をスピードアップしているのです。

以上、須藤 元気/ダリル アンカ (著), 須藤 元気/尾辻 かおる (編集), 大空 夢湧子 (翻訳) 『バシャール スドウゲンキ』P.156より引用させていただきました。

闇を知らなければ光を理解できません。闇がなければ光も意味をなしません。光と闇の両方を経験することによって、あなたはより大きな新しい意味、より大きな新しい経験をつくりだします。一部だけではなく、全体が見えてくるのです。それこそが「創造」のサイクルです。

以上、須藤 元気/ダリル アンカ (著), 須藤 元気/尾辻 かおる (編集), 大空 夢湧子 (翻訳) 『バシャール スドウゲンキ』P.157より引用させていただきました。

制限とは、「発見する」という経験をつくりだすためのものです。発見するプロセスの中でのみ、みなさんは成長し、拡大していることを実感できるのです。

以上、須藤 元気/ダリル アンカ (著), 須藤 元気/尾辻 かおる (編集), 大空 夢湧子 (翻訳) 『バシャール スドウゲンキ』P.158より引用させていただきました。

bashar20150416b

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする