ひとりひとりがユニークな自分の姿になればなるほど葛藤がつくりだされると思いがちですが、あなたが「本当の自分自身になればなるほど、ほかの人たちの本当の自分自身と調和がとれる」のです。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 77

ひとりひとりがユニークな自分の姿になればなるほど葛藤がつくりだされると思いがちですが、本当はその反対なのです。
あなたが「本当の自分自身になればなるほど、ほかの人たちの本当の自分自身と調和がとれる」のです。

以上、ダリル アンカ (著), くまり 莞奈子 (翻訳) 『バシャールペーパーバック〈8〉ワクワク、それは人生に活力を与え続ける機関車 (VOICE新書)』P.205より引用させていただきました。

地球では、みんながそれぞれに自分のワクワクすることをしていたら、ほかの人のワクワクと葛藤を起こしてしまうのではないかと疑問に思ってしまいます。

しかし、葛藤は起きません。

「自分のワクワクする気持ちに従う」という考え方を全体像から理解してくださいとバシャールは言います。

もし葛藤が起こるとすれば、本当の自分自身に抵抗しているときです。自分が創られた時の本来の姿になっていないときです。創造のもともとの全体像にフィットしない形に自分自身を形作ろうとしているときです。

本当のあるがままの自分になると、本当の自分自身になっているほかの人たちと自動的にフィットする。創造はそのようにできており、自然に調和がとれるのだそうです。

MIL62029//1