もし人生の中で自分の好まないことが起こっているとしたら、それは、観念の中に変えるべきものがあるということをその現実が見せてくれているのです。つまり、現実をそのように使えるということです。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

そして、これが物理的現実のすばらしいところです。
自分の中にあるものをいつも鏡のように映し出して、気づかせてくれるのです。
もし人生の中で自分の好まないことが起こっているとしたら、それは、観念の中に変えるべきものがあるということをその現実が見せてくれているのです。
つまり、現実をそのように使えるということです。
起きている現実を使って、自分の望む現実を創り出すことができます。

以上、ダリル アンカ (著), くまり 莞奈子 (翻訳) 『バシャールペーパーバック〈8〉ワクワク、それは人生に活力を与え続ける機関車 (VOICE新書)』P.128-129より引用させていただきました。

面白いですね。

現実というものは幻想ではあるが、使うことができる。
望む現実を創り出すのに使える……

口の周りに何かがついていたら、誰かが教えてくれるか、それを鏡で見るかしないと、決して気がつかないと思います。

鏡に映った自分は、そこには存在しないけど、その実体のない鏡に映った自分が、口の周りに何かをつけていたら、こちら側の本当の自分は口をぬぐってその何かを取り除くことができます。

気がつけば、口の周りを綺麗にできますが、気がつかなければそのままです。

MIL14045

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ