皆さんは、神はすべてに存在するという考え方の中でさえ、どういうわけか自分の内にだけは(神は)存在しないということを考え出してしまいました。 by バシャールと宇宙連合 : 『ニュー・メタフィジックス』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

皆さんは、神はすべてに存在するという考え方の中でさえ、どういうわけか自分の内にだけは(神は)存在しないということを考え出してしまいました。

以上を、バシャールと宇宙連合 (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『ニュー・メタフィジックス―世界を創る意識の力学』P.69より引用させていただきました。

以下書いてあることをまとめてみます。

神が全能であり、すべてであり、すべての場所にいるのなら、神も皆さんの外には存在しないはずだ。
神が皆さんなのです。

しかしどういうわけが、自分の内にだけは神は存在しないと皆さんは考えている。

なのでバシャールたちは、神の代わりに大いなる全てという言葉を好んで使います。

創造とは単に「大いなる全て」そのものです。
この「大いなる全て」は、すべてを包括し、それ自身すべてであり、そして自ら大いなる全てであることを知っている存在です。

バシャールたちは「大いなる全て」についてこのように考えていますとのこと。

……ということで、確かに、神が全知全能であるのなら、私たちの内に神が存在しているのが当たり前です。私たちの内にだけ神が存在しないというのはあり得ませんね。

私たちの内に神が存在しないのであれば、神は全知全能ではないということになりますから。

MIL13080

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする