もう分離は必要ありません。自分には救いが必要だと感じる必要もありません。皆さんが救いそのものなのです。皆さんがすでに天国なのです。楽園そのものなのです。 by バシャールと宇宙連合

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

もう分離は必要ありません。自分には救いが必要だと感じる必要もありません。皆さんが救いそのものなのです。皆さんがすでに天国なのです。楽園そのものなのです。

以上を、バシャールと宇宙連合 (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『ニュー・メタフィジックス―世界を創る意識の力学』P.64より引用させていただきました。

まあ普通に考えてそんな馬鹿な!ですね。
もし引用した文章通りなら苦労なんて要らないじゃない!

それではこの引用した文章に至る一連の流れを逆にたどっていきましょう。

分離が必要ないのはなぜか? → 皆さん自身も大いなる全ての一部だから

よって、大いなる全てに奉仕することは、同時に、大いなる全てが皆さんに奉仕することになる

皆さんは大いなる全てのひとつひとつの異なる面です。

皆さんは、「ワンネス(ひとつであること)」の中に存在するすべての異なる面を通して自分自身を見ているだけです。

……ということで、つまり、簡単に言えば、すべての他人は同時に自分自身でもある!となると思います。

あの何でも手に入れた素晴らしくて羨ましい人は実は自分だった!
他人に奉仕することは同時に自分に奉仕することになる。
奉仕されて嬉しくない人なんていません!

全ての人が自分なんだから確かに救いは必要ありません。
他人を救うことが自分を救うことになるからです。
人間関係で悩むこともありません。
だって自分と自分との関係性で悩む必要性はゼロだからです。
そういう世界は確かに天国です。楽園です。

ん?何か騙されているような……?

でも、さらにまた確かに言えることは、他人をも自分であるかのように「愛し」そして「与えれば」この世は確実に天国のようになるでしょうね。

MIL22048//1

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする