お金が本来は交換の手段であることを思い出せば、お金を「持っている」か「持っていないか」にフォーカスするのではなく、お金を「流すこと」にフォーカスがいくはずです。 by バシャール #お金

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 79

お金が本来は交換の手段であることを思い出せば、お金を「持っている」か「持っていないか」にフォーカスするのではなく、お金を「流すこと」にフォーカスがいくはずです。

以上、本田 健 (著), ダリル・アンカ (著), 江藤ちふみ (編集), 島田真喜子 (翻訳) 『未来は、えらべる! バシャール 本田健』P.112より引用させていただきました。

バシャールによるとお金とは単なるシンボルなので、自分自身の価値を認めると、お金との関係性もよくなり、お金というシンボルの価値も上がるそうです。

お金は単なる交換の手段です。
しかし、それを忘れてしまうと、お金を持っているか持っていないかだけに関心が向いてしまうとのことです。

お金は持っている持っていないにフォーカスするのではなく、「流すこと」にフォーカスをした方が良さそうです。

MIL26024