落ち込みとは、ひとつの形の瞑想です。答えが外に見出せないと知って、自己の内へと入って行っているだけです。性格を構成し直して再び浮上してくる時には、新しい性格とものの見方をもった新しい人となります。by バシャールと宇宙連合

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

落ち込みとは、単にひとつの形の瞑想でしかありません。自分の求めている答えが外に見出せないと知って、自己の内へと目を向けている状態です。
(中略)
あなたは内へと入って行っているだけなのです。自分の観念や感情や思考などによって創り上げられている性格を構成し直しているのです。そして再び浮上してくる時には、あなたは文字通り新しい性格とものの見方をもった新しい人となります。

以上を、バシャールと宇宙連合 (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『ニュー・メタフィジックス―世界を創る意識の力学』P.27より引用させていただきました。

落ち込んだ状態はある種の瞑想であるからこそ、性格(人格)を変えることができるってことでしょうね。

先の記事で私が書いたように、どうしても先入観念から、落ち込むことは悪いことと考えてしまいます。

でも、落ち込みは単なる瞑想であり、その落ち込みから回復した時には、新しい自分になり新しい見方を身につけているとすれば、落ち込みはポジティブな出来事であると言えますね。

だとすれば、どんどん落ち込んだ方が良いですね。(^_^)
それだけ早く新しい自分になれるってことですから。

BAL02078

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ