バシャールを読書する : 自分がワクワクすることが、やりたいものとつながっているように、今全然見えないと思っても、それはただ社会によって教えられた通りの目から見て、表面的にどうも合わないと見ているだけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

自分がワクワクすることが、自分のやりたいものとつながっているように、今全然見えないと思っても、それはただ社会によって今まで教えられた通りの目から見て、表面的にどうも合わないと見ているだけです。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック1―ワクワクが人生の道標となる (VOICE新書)』P.104より引用させていただきました。

ワクワクしたから最初のステップを踏み出してみた。

でも、自分が本当にしたいものと直接関係があるように見えない時もある。

どんな状況にも初めから決められている意味はなく、中立です。

自分が与えた意味が、その意味になる。

肯定的な意味を与えれば肯定的な結果を得るし

否定的な意味を与えれば否定的な結果を得る。

どんなことであれ、良い意味を与えて、ワクワクとしてやることによって

自分のやりたいものへとつながっていく。

DES01058

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ