バシャールを読書する : 自分でこうだと信じているもの、そういった観念が自分のまわりの世界を実際に創り上げています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 89

自分でこうだと信じているもの、そういった観念が自分のまわりの世界を実際に創り上げています。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック1―ワクワクが人生の道標となる (VOICE新書)』P.73より引用させていただきました。

だからこそ、自分の望みを明確にして、その望みが叶うような観念の方を信じれば良いのでしょうね。

そうなって欲しくない世界を創り上げる観念をわざわざ信じる必要性は全くないわけです。

何を信じるかは個人にとって全くの自由であり、すべては本来は中立でありどのような意味でも与えることができる。

そんな真実の世界において、あなたは何を信じますか?

MAL01010

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ