思いはまさに、エネルギーを発生させるものなのです。そのエネルギーの種類や性質や強さによって、何かを惹きつけたり、成り立たせたりして、物事を創造することができるのです。 : 佳川 奈未 著『幸せな奇跡を起こす本』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

佳川 奈未 さん著の『恋とお金と夢に効く! 幸せな奇跡を起こす本』という本に

思いはまさに、エネルギーを発生させるもの(エネルギーそのもの)なのです。
そのエネルギーの種類や性質や強さによって、何かを惹きつけたり、成り立たせたりして、物事を創造することができるのです。

とあります。

確かに思いから起こる感情によって、体内には様々な変化が起こります。
それはエネルギーと言っても良いのかもしれません。

あるいは、物事を創造する直接的な原因である『行動』は感情から生まれ、その感情は思いから生まれるとも言えるでしょう。

無気力でやる気がない感情からは行動は生まれず、結果、物事も創造されません。

そういう意味でも、思いはエネルギーを発生させるものと言えるのでしょう。

思いを変えれば感情が変わり、感情が変われば行動が変わり、行動が変われば現実が変わるのでしょう。

恋とお金と夢に効く! 幸せな奇跡を起こす本

MIL20055//1

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする