大事なのは、「幸せになること」じゃない。「幸せであること」だ。 : 雲 黒斎著『あの世に聞いた、この世の仕組み』kindle版をバシャール的に読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

雲 黒斎さん著の『あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に

大事なのは、「幸せになること」じゃない。「幸せであること」だ。

とあります。

こうやってこの言葉を前後の文脈から独立させるといろんな意味を持って来ますね。

まずバシャール的に考えてみると、与えることが受け取ることなので、幸せに”なろうとすれば”未だ幸せになっていない現実を受け取り、すでに心が幸せになってしまえば実際に幸せな現実を受け取るとなりそうです。

あるいは、幸せをひとつの才能だと考えれば、その才能を磨いて幸せであろうとすればいい、幸せになることをただ求めるのではなくて、となりそうです。(あるいは幸せが才能であるのなら、幸せを物質的なものから切り離すことも可能ですね)

またはこうも言えるかも知れない。
幸せは行為の中ではなく状態の中にある。

あるいは、この本に書いてあるように、人は最初から幸せな存在なので、幸せになることはできない、でも幸せであることは、できる……

などなどいろいろ考えられます。

あの世に聞いた、この世の仕組み

MIL26001

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする