みなさんは物質レベルを超えた魂の部分で、それぞれの現実という「幻想」をつくっていますが、魂は、「現実は幻想だ」と知っているのです。ですから、みなさんの意識がつくる観念なしには、物質レベルの現実が体験できないのです。by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 77

未来は、えらべる!:現実という「幻想」

みなさんは物質レベルを超えた魂の部分で、それぞれの現実という「幻想」をつくっています。しかし、魂は、「現実は幻想だ」と知っているのです。ですから、みなさんの意識がつくる観念なしには、物質レベルの現実が体験できないのです。

以上、本田 健 (著), ダリル・アンカ (著), 江藤ちふみ (編集), 島田真喜子 (翻訳) 『未来は、えらべる! バシャール 本田健』P.16より引用させていただきました。

現実という「幻想」ってありえない言葉です。
だって幻想でないものを現実というからです。
もしそれが幻想なら、それは現実ではないのです。
それが現実なら、それは幻想ではないのです。

現実と幻想はあたかも反対語のように対になっている概念です。
現実か幻想か、選ぶなら、その二者択一しかないのです。
そして現実を選べば、現実は幻想ではなく。
幻想を選べば、幻想は現実ではないのです。

……と、この私たちの住んでいるこの次元で考えると、論理的にはそうなります。

でも、魂はこの次元を超えているので、その制約はうけないようです。
だから、現実であって同時に幻想でもありえるのでしょう。

MIL36045//1

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする