何者かになろうとする努力をやめれば、自然と素の自分になる。「自然になろう」とする努力は必要ない。自分が無理している「不自然」な部分を自覚し、それを続けなければいいだけだ。 : 雲 黒斎著『あの世に聞いた、この世の仕組み』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 81

雲 黒斎さん著の『あの世に聞いた、この世の仕組み』という本に

何者かになろうとする努力をやめれば、自然と素の自分になる。
「自然になろう」とする努力は必要ない。自分が無理している「不自然」な部分を自覚し、それを続けなければいいだけなんだ。

とあります。

仕組みはわかった……でも、それで何かいいことあるの?
私の思考は何処かでそう囁かざるを得ない。

この本からすると

素の自分になれば、幸せになれるととれる。
というのは、素の自分はそれだけで幸せな自分のはずだからだ。

でも、ここでいう「幸せ」とは、状況とは無関係な幸せだ。
お金がなくても、ものが無くても、一般的に見て悲惨な状態にあったとしても、「幸せ」でいることができるそんな意味づけの「幸せ」のことだ。

だったら、そんな「幸せ」なんて要らない!

”私が”欲しいのは、やりたいことができる幸せ、お金がたくさんある幸せ、欲しいものを何でも手に出来る幸せなんだ!

……と、”私”である”エゴ(自我)”は”考える”。

でも

それこそが、何者かになろうとする努力なんだろう。

……ということで

ある意味自己否定だ
本当の自分であるためには、いまの自分をやめなければならない
というのがあるが、この「やめなければならない」という思考自体がいまの自分の思考であって
本当の自分の思考ではない(本当の自分に思考があるとしての話だが)

いつものパラドックスに陥ってしまう。

成功を求めて、あるいは夢をかなえることを求めて、この本を読んでいるのに
この本が言うことには
あなたはすでに幸せであるである

すでに幸せであるのなら、成功を求める必要性も、夢をかなえる必要性もなくなってしまう
というのは、幸せになるために、成功や夢の実現を求めているのだから……

あの世に聞いた、この世の仕組み

MIL50094//1

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする