みなさんがすべてを手に入れるために、誰も、なにも失う必要はありません。すべての人が、すべてのものを手に入れることができます。それが、多次元的な宇宙のいいところです。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 77

みなさんがすべてを手に入れるために、誰も、なにも失う必要はありません。
すべての人が、すべてのものを手に入れることができます。
それが、多次元的な宇宙のいいところです。
みなさんはひとりひとりが、自らの現実であり、自分の現実の中ですべてを持つことができます。
他から、なにも奪うことなく、それができます!

以上、ダリル アンカ (著), 関野 直行 (翻訳)『バシャールペーパーバック〈6〉ワクワクを生きると自然に「いま」を生きられる。 (VOICE新書)』P.250より引用させていただきました。

ということは、私たちはこの現実世界で、それぞれがそれぞれの夢を生きているということなんでしょうね。

同書P.250にはこうあります。

「みなさんひとりひとりが、同時に完全な宇宙なのです。」

もし、バシャールのいうことが正しいなら、この物質世界は夢だということですね。
だって、私たちが夜に見る夢にはすべてがあります。
私たちが夜に見る夢は、ひとつの完全な宇宙です。

ただ、違うのは、夢の中に現実世界の誰かが出てきて、その人に夢の中で何かをしたとしても、現実世界のその人に影響を及ぼすことはできません。(意識の深い部分では影響を及ぼしているかもしれませんが、物質世界のレベルでは影響を及ぼすことはできません)

さらに、毎夜見る夢ごとに、その宇宙は連続していません。
夢と夢のあいだで、現実世界はつながっていますが、夢と夢はつながっていません。

面白いのは、この現実世界は夢だからやりたい放題やってやれ!と犯罪などを犯すとやはり捕まって罰を受けます。なぜなら夢の中ではその夢のルールに従うからです。

夢が夢だと意味を持つのは、つまりああ夢でよかったと安心するのは、夢から覚めた後の話です。これを物質世界にもちこむと、夢から覚めるということは死ぬということです。

この物質世界がたとえ夢だとしても、それがわかるのは死んでからです。
生きている夢の状態では、いくらこの世界が夢であっても、この世界のルールに縛られます。

そう考えると、この世界が夢であろうとなかろうと、やることは同じだとも言えます。

MIL39010

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする