「望む現実を表現してくれる状況や環境、さまざまなものをできるだけ自分のまわりに置いてください」 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

「望む現実を表現してくれる状況や環境、さまざまなものをできるだけ自分のまわりに置いてください」

以上、ダリル アンカ (著), 関野 直行 (翻訳)『バシャールペーパーバック〈6〉ワクワクを生きると自然に「いま」を生きられる。 (VOICE新書)』P.246より引用させていただきました。

望む現実を創るステップ「1-3-5」の「3」の原理は、「それを見る」「それを感じる」そして「それになりきる」の1-2-3です。

3の「なりきる」では、見ているもの、感じているものに自分の身体を慣らす意味でも、そうした環境で自分を取り囲むのが大切だそうです。

これは成功本などにも書かれている方法ですね。
あとは、実際にそれをやるだけですね。

INT01005

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする