みなさんが自分の望む現実を見て、感じた後、その望みを実現化するのに一番強力な役割を果たすのが「行動する」ということです。すでに、あたかも、その現実が存在しているかのように行動することです。 by バシャール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 80

みなさんが自分の望む現実を見て、感じた後、その望みを実現化するのに一番強力な役割を果たすのが「行動する」ということです。
すでに、あたかも、その現実が存在しているかのように行動することです。

以上、ダリル アンカ (著), 関野 直行 (翻訳)『バシャールペーパーバック〈6〉ワクワクを生きると自然に「いま」を生きられる。 (VOICE新書)』P.245より引用させていただきました。

「1-3-5」の「3」の原理は、「それを見る」「それを感じる」そして「それになりきる」の1-2-3です。

そして、その3が、「それになりきる」です。

こうなりたい、ああいう人を演じたいと望む人すべてに、それを演じるステージ、観客、そしてそれをサポートする現実が存在するそうです。(同書P.243)

一時期流行った引き寄せの法則では、文字通り自分は何もしないで、望むものをイメージだけで引き寄せるという印象が強かったです。

もちろんそれも可能なんだと思います。
でも、何もしないでいるより、行動を起こしたほうが、より簡単だと思います。

スプーンを念力で曲げるより、手で曲げたほうが早いし簡単だということです。
スプーンを念力で曲げるしかその方法がないのなら念力を使うのも仕方ありませんが、そうでないのなら、手で曲げたほうがこの現実世界では簡単だし早いです。

MIL39062

スポンサーリンク
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする