お問い合わせより「現実に具体的な変化がないと、うまくいっていないんじゃないか? と焦りを感じる事がある。」とありましたので、参考になりそうなバシャールの言葉をご紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

お問い合わせより「現実に具体的な変化がないと、うまくいっていないんじゃないか? と焦りを感じる事がある。」とありましたので、参考になりそうなバシャールの言葉をご紹介します。

実はメールにてお問い合わせに返信したのですが、しばらくしてエラーとして返って来ました。
どうやらメールが届かなかったようです。

ということで、この記事によって、お問い合わせにお答えしようと思いました。

確かに、現実になかなか変化が現われないと不安になってしまいますね。

鏡の中のしかめっ面を笑顔にするには、自分が先に笑えば良いと、知識で分かっていても、しかめっ面にならざるを得ない現実がそこにあれば、なかなか自分から先に笑顔にはなれないものです。

こんなバシャールの言葉があります。

自分の好まないものが見えたとき、自分の外側で無理にそれを変えることはできません。外側を変えたければ、自分の内側にあるものを変える必要があります。なぜなら、外側というのは本当は存在しないからです。 by バシャール

外側というのは本当は存在しないそうです。
つまり外側が変わっていないのなら、自分の内側が変わっていないのかも知れません。

しかしバシャールは、これとは正反対とも思えることも言っています。

自分が本当に変わったかどうかを教えてくれるのは、自分のまわりが変わったかどうかではありません。次に同じ出来事が起きたときの、自分の反応で分かるのです。 by バシャール

さらには、こんなことも言っています。

内側が本当に変わったら、外側も変わらずにはいられません。しかし、「外の状況を変えるために私は変わろう」と考えるのは本末転倒です。内側の自分を本当に変えたいと思っている人は、外側のことなどどうでもいいと思っています。 by バシャール

一見逆説に思えます。

逆説に向かい合ったときは、本質に近づいているというしるしです。なぜならば、中心にいるときにのみ、それらの矛盾に見えるもの、相反して見えるものが、再び、ひとつのものとして調和できるからです。 : バシャールの学校

おそらく、内側が変われば外側も変わらざるを得ないのでしょう。
しかし、その途中に、外側はまだ変わってはいないが、内側はもうすでに変わっているという瞬間があるのでしょう。

この瞬間が、おそらく「無」とか「空」とか呼ばれるものなのでしょう。
真の「いま」です。創造の生まれる場所です。

MIL22103//1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ